顔を小さくしたい女性の方!簡単にできる方法はコレ!

 

顔を小さくしたい女性にぴったりの簡単な方法があります。

 

毎日続けられて、しかも特別な時間を設ける必要がないため、忙しい女性にも最適です。

 

 

その方法とは「噛む」こと。

 

噛むという行為は、必然的に顔の筋肉を使うことにつながります。

 

 

咀嚼の際に使用する筋肉は、主に4つ。

 

こめかみ周辺にある「側頭筋」をはじめ、歯を噛みしめるときに使われる「咬筋」、そして「外側翼突筋」と「内側翼突筋」です。

 

毎日の食事をよく噛むように意識することで、顔の各筋肉が鍛えられ、小顔やリフトアップ効果が期待できます。

 

さらに、顔の表面には喜怒哀楽の表情を作り出す「表情筋」もありますが、噛まない生活を続けることで、表情筋までも衰えてしまう可能性が。

 

表情筋の衰えはたるみなどの原因になるとも言われているため、やはり小顔を目指す上でも重要な筋肉です。

 

 

 

よく噛むためには、食事の内容も意識することが大切。

 

現代はやわらかい食べ物が増え、噛む回数が減少しているそうです。

 

例えば、主食を玄米にすると自然に噛む回数が増えるため、つい噛むのを忘れてしまう人におすすめ。

 

 

ただ、味やにおいが苦手な場合やお腹を壊してしまうなど、体質に合わない場合には無理に食べないようにしてください。

 

パン派の人は、ベーグルなど噛み応えのあるものをチョイスしましょう。

 

ゴボウやレンコンなど少し硬めの野菜を取り入れることも、たくさん噛める食事作りには有効です。

 

 

 

デスクワークで一日中パソコンに向かっている人などは、無意識のうちに表情が固まりがち。

 

ランチタイムによく噛むことを心がけるだけでも、固まった筋肉をほぐし、血流を良くすることにつながります。

 

また、通勤時間やちょっとした合間にガムを噛んだり、おやつにスルメのような硬いものを食べることも、簡単に行える方法のひとつです。

 

 

 

一口10回程度しか噛まない人も多いようですが、小顔を目指す上で目標にしたいのは一口30回。

 

初めはあごが疲れてしまうこともありますが、継続し、習慣化することが大切です。

 


女優の杉本彩さんが開発!
表情筋を鍛えるリフトアップ・引締め効果がパワーアップ!
表情筋を鍛えれば「小顔効果も期待できます!
↓↓詳細はコチラ!↓↓